結婚祝いプレゼント|お祝いというのは基本は気持ち

結婚祝いは友人や親戚で相場は変わっていきます。

割り切れない数の額をご祝儀にします。3万円が基本的な額だとは思いますが、職場では2万で統一したり、友人でも2万円だったり気持ちなので人それぞれです。2万の場合は1万円と5千円を2枚にしてお札は3枚にします。

しかし、最近は結婚式を1人3万では到底足が出ることがほとんどかもしれません。しかし、お祝いはお金に限ったことではありません。今まで私はご祝儀をあげることしか考えたことがありませんでした。しかし、全員が結婚式を挙げるわけではありませんし、海外で身内だけで行う人、人それぞれなので片方だけお祝いをもらっているのに、片方は何もないというのはちょっとおかしいかなと思ってしまいます。

自分が祝ってもらった人には、その人が式などをやらなくてもなにか物をあげたいと思っています。しかし、中々ものを決めるのは大変です。お店には色々売っています。やはり写真立て関係は多いです。

その友達と親友で趣味なども分かっていれば選ぶのは簡単ですが、あまり私生活が分からない友人の場合は大変です。そんな場合は私は友人に欲しいものを聞くようにしています。例えば結婚して新しい生活を始めた人ならばなにかしらの生活品が必要になります。

しかし、聞かないと同じものや持っているものをあげても意味がありません。もちろんサプライズ的な名前入りのものなんかもネットなどで簡単に購入することも可能です。メッセージつきだったらさらに嬉しい素敵なプレゼントなります。

お祝いというのは基本は気持ちなので、仕方なくあげるとか形式的にあげるとかではなく、本当に心からおめでとうという気持ちがあればその人に必ず伝わると思っています。

Pocket