結婚祝いプレゼント|贈る側も幸せな気分になる

色々なお祝いをすることがありますが、その中でも結婚祝いを贈ることは嬉しいものです。

人生の大きな門出を祝ってお祝いするわけですから、贈る側も幸せな気分になるからです。

披露宴にお呼ばれした場合は、ご祝儀袋にお祝いを入れて渡します。お付き合いの程度によりますが、後日ほかに品物も贈る場合もあります。

結婚祝いの品物を選ぶ場合は本当に頭を悩ませます。とても身近で分かり合っている人の場合は別ですが、好みをあまり知らない人の場合はどんなものが喜ばれるか真剣に考えます。

そのようなお付き合いの程度で予算も変わってきます。少しだけお祝いと言う場合は、定番の夫婦茶碗やエプロン、コーヒーカップセットなど手ごろな商品を選びます。

いくつあっても困らない商品がデパートや専門店に色々そろっているので相手の好きそうな物を想像しながら購入します。

しかし自分の中でもまとまった予算でお祝いをしたいと考えている人の場合は少し事情が違ってきます。直接リクエストが聞ける間柄なら欲しい物を聞いてみる事が一番です。

これは相手も遠慮なく本当に欲しい物が言える関係でなくてはいけませんが。相手の必要な物を贈る、それが一番お互いに喜ばしいことで記念にもなり良い思い出にもなるからです。

その品物が想像以上に高額な場合は、共通の友人数人に声をかけて合同でお祝いを贈ることも多いです。

新生活に向けての家電製品やカメラ、キッチン用品、寝具などの希望が多かったように思います。結婚後に自宅に招かれて、プレゼントした品が使われているところを目にすると嬉しさもひとしおです。

何年たっても忘れる事のない印象に残る結婚祝いを贈りたいものです。

印象に残ると言えば、二人の名前を彫刻したワインのプレゼントも人気があります。

Pocket