結婚祝いプレゼント|名入れのグラスは最高のプレゼント

私は6年前に結婚しました。共働きだったため、それぞれの会社の方や友人やサークルの方々など本当にたくさんの方から結婚祝いや電報をいただきました。

一番有難かったのはやはりお金や金券でした。まず金額がすぐわかるのでお返しもそれに見合った物をお返しできますし、結婚式というのは後から何かと色々とお金がかかるので本当助かります。

その事がわかって以来、結婚のお祝いは大抵はお金であげています。下手に使わない物をあげるよりお金の方が何でも好きな物が買えるからです。

あとお金ではなく大きな物をあげる時は当日ではなく、前もって渡した方が助かると思います。当日はそれでなくても他の物で意外と荷物が多くなるものですから。

一番困ったのがお互いの会社でいろんな部署があったため、それぞれの部署からお祝いをいただいたのはよかったのですが、中身が皆同じ壁にかける物でした。頂いた手前文句は言えませんが、実際に使える物だといいのですが、正直使わない物を頂くととても困ります。

同じ会社で何個かあげる場合はよく考えてあげた方がいいと思います。あとよくお祝い事にはグラスや茶碗などの割れ物は縁起が悪いからあげない方がいいと前はよく言った物ですが、今はどうなんですかね。

私もお祝いでワイングラスを頂きましたが、1個は洗っている時に割ってしまいましたが、私の家はまだ家族円満で暮らしています。

茶碗やグラスが割れたって割れなくたって離婚する時はするだろうし、しない時はしないだろうし、お互いがどれだけ相手を思えるかによって変わってくると思います。縁起は大事ですが、今の時代は気にしないかもしれないです。

名入れのワイングラスなんて

最高の結婚祝いプレゼントではないでしょうか。

Pocket