結婚祝いプレゼント|新生活に二人が必要そうなもの

結婚式に招待されていたのに、いけなかった相手への結婚祝い、どうしたらいいか迷いますよね。

いくらか御祝儀を包んで渡せばいいのか? だとしたら、結婚式に出席する場合より少し少なめでもいいのか。

或いは、出席する場合と同じ金額渡さなければならないのか。プレゼントの品物を渡すのなら、どういうものが喜んでもらえるだろうか。邪魔にならなくて、出来るだけセンスがいいと思ってもらえるようなもの……。悩みはつきませんよね。

親類の結婚式ならまだしも、友人の結婚式であれば、苦悩はなおさら深まります。お金を常識的な額つつんで渡せばいい、という話でもなくなって、できれば心に響くような、喜んでもらえるものをわたしたいと思うのは当然です。

せっかく招待してもらっていたお式に、出席できなかったのならなおさらです。そんなとき、あまり「結婚祝いだ」とこだわらず、新生活を始めた二人が必要そうなものをプレゼントしてみるのはどうでしょうか。

いっそ、本人たちに声をかけて、「いくらまでのものなら買ってやるぞ」と連れ出すのも面白いかもしれません。(それで盛り上がられて、笑い合えるような仲限定ですが……)それができれば本人たちが欲しがっているものを贈ることができますし、自分で考えたものを贈って、「ちょっと違うなあ」と思われてしまうよりいいですよね。

結婚祝いといえば、二人の名前入のお皿や、ペアのグラスなんかが人気です。

もちろん、そういったものをもらえても嬉しいし、素敵ですよね。でも、それは既に他の誰かから祝いの品としてもらっているかもしれません。気の置けない友人のあなただけでも、ほかとは違う贈り物をすると、喜んでもらえるかもしれませんよ。

Pocket