結婚祝いプレゼント|贈り物のタブーは気にしなくてよい

結婚のお祝いの贈り物でタブー言われているものがあります。

それは、切れる、割れるといった言葉から連想されるものになります。切れるでいえば刃物、包丁、ナイフ、ハサミなどになります。割れるでいえば鏡、グラス、陶器などです。

ですが最近ではありまり気にする必要もなくなってきているようです。こういった風習を気にされる方への贈り物の場合はさけたほうが良いでしょうが、お二人にとって有意義なものであれば特に問題はないようです。

昔ほど気にする事はないのでしょう。包丁などはとても喜ばれる贈り物になっています。お二人から希望されることも多いようです。最近では新婚家庭に贈る人気ギフトの一つです。

ワイングラスなどもペアの贈り物としてすごく人気があります。お二人の名前を彫刻したワイングラスやペアの陶器湯呑みは結婚のお祝いとして素敵だと思います。

このように人気のある贈り物をタブーだからといってさけることは、気持ちのこもった贈り物ができないのではないでしょうか。

また、お祝いを現金で贈る場合に「4」「6」「9」の数字はさけたほうが良いですが、ペアのものは2個ですので、特に問題はありません。

お二人のことを考えて、心から祝福するプレゼントは、あまりタブーなど気にする事はありません。特に親しい友人やお身内の方でしたら、どんどん素敵なプレゼントを贈りましょう。

それが本来のお気持ちの表し方ではないでしょうか。ただ、最初にも書きましたが、タブーといった風習を気にされている方はさけた方が良いです。

あと、あまり親しくない友人や、親戚の方へはさけた方が良いと思います。良かれと思ったことが逆効果で、変に誤解されても困ります。何より贈り物は気持ちが大事です。

Pocket