結婚祝いプレゼント|ジューンブライド6月の花嫁

ジューンブライドって何でしょうか?いわゆる6月の花嫁です。

日本では誰からともなく、6月に結婚すれば幸せになるって言われています。その根源は、ヨーロッパにおける6月に結婚すると生涯幸せな結婚生活ができるという言い伝からきているようです。

しかし、それ自体の由来は様々な説があります。

1つ目は、6月の月名である「JUNE」と、ローマ神話で結婚をつかさどる女神である「JUNO」に由来しており、この月に結婚する花嫁は幸せになるという言い伝えです。

2つ目は、ヨーロッパの6月は1年の中で最も雨が少ない月で、気候なども結婚に適しています。また、「復活祭」が行われる月でもあるため、ヨーロッパ全体がお祝いムードになるので、多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになるという言い伝えです。

3つ目は、農作業の妨げとなることから、ヨーロッパでは3月、4月、5月の3ヶ月間は結婚が禁じられていました。そのため、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多く、その分祝福も多かったため、6月の花嫁は幸せになるという言い伝えです。

でも、よく考えてください。どうも日本には当てはまりません。日本の風習ではないです。特に6月は梅雨の真っ只中です。そうなんです。実は日本での6月は結婚に適しているとは決して言えないんです。

データ的にも実は6月の婚礼数は少ないんです。何か幻想的に6月って婚礼数が多そうですが、実際に結婚される立場になると躊躇される月なんでしょう。こんな記事がありますので、あわせてご覧ください。

6月の結婚は実は少数派。人気は幻想?なんだかすっとした気分です。しかし、これも企業戦略が見え隠れしてきます。バレンタインやスウィートテンダイヤモンドと同じなんでしょうね。

Pocket