結婚祝いプレゼント|結婚は神様のプレゼント

結婚を考えるとき何を想像されますか?

これから結婚をされる方は、幸せの絶頂でしょうし、好きな人と一緒にいられることがうれしくて仕方ないでしょう。恋愛の延長線上のゴールが結婚とお考えでしょう。

しかし一転して、結婚されている方々のお話を聞くと、忍耐だとか試練だとか人生の墓場だとか、幸せとは真逆の言葉を聞きます。もちろんいつまでも幸せの絶頂ってご夫婦もいらっしゃいます。すべてではありません。そこで、斉藤一人さんの「絶対成功する千回の法則」の一節を紹介したいと思います。

まずはじめに、斎藤一人さんの紹介をいたします。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、「銀座まるかん」の創業者であり、全国高額納税者ベストテンに何度もランクインされている方です。

斎藤一人さんは独特の世界観を持っており、斉藤一人さん流の商売論や人生論をまとめられた本が「絶対成功する千回の法則」なんです。では紹介したい一節を抜粋いたします。

人は結婚して夫婦になります。お互いに惚れ合ったから夫婦になるのだと思っている人が多いかも知れませんが、実はこの世の中でいちばん相性の悪い者同士の組み合わせなのです。
(中略)
二人が出会ったときのに、神様がその相性を一瞬よくしてくれるので、結婚してしまうのです。これは神様がくれたプレゼントです。しばらく経つと、元の相性の悪い二人に戻るので、自分がいちばん嫌いだと思っていることをしている相手に気が付きます。
(中略)
「何でこんな相手と結婚したのだろう」と思うかもしれません。でも、これは困ったことではないのです。なぜなら、二人を一緒にしたのは神様のプレゼントだからです。相手のやることが嫌でも、それを変えようとしてはいけません。自分の好みになって欲しいなと期待してはいけません。変わらないものを変えようとしたり、何かを期待することはいちばん苦しいことです。最もいい手は、相性が悪いことを「困ったことだ」と思わないことです。「ありのままのこの人を好きになってあげよう。この人にしてあげられることは何だろう」こう考えると、それまでのモヤモヤが一気に消えていきます。
(中略)
相手を変えることはできません。あなたが変えることができるのは、あなた自身だけなのです。

素敵だなんと思われたら、是非一読してください。ちなみに本のタイトルの「千回の法則」とは、同じ言葉を千回繰り返すと、それは現実になるということなんです。自己暗示の世界ですが、信じるものは救われる。かもしれません。

Pocket