結婚祝いプレゼント|現実を客観視した大人婚

結婚適齢期なんて言葉がありますが、

最近の厚生労働省による人口動態調査によると、平均初婚年齢は年々上昇しています。少子化や晩婚化が進む中、30歳代後半から40歳代で初めて結婚をする人が増えています。いわゆる初婚の方です。

そんななかでも、特に女性たちが手に入れたもののは20歳代の希望とは違う。30歳代前半の希望とも違うものです。彼女たちが手に入れたものは、地に足のついたリアルな幸せ「安定」です。

現実を客観視した結婚。いわゆる「大人婚」です。

最近、WEBをみていると、結婚情報に関するサイトでは「大人婚」というキーワードが頻出しています。そこに目をつけたホテルや結婚式場が、「大人婚」向けプランを展開し始めました。

これまで親戚や友達などの多くの結婚式に参列し、目が肥えている大人だからこそ、自分自身は最高の結婚式を挙げたい。そう願う女性のために、贅を尽くしたウエディングドレスやウエディングプランが紹介されています。

「晩婚」と聞くと、なんだかネガティブなイメージがありますが、「大人婚」なら、若さの勢いで結婚するのではなく、地に足のついた二人が着実に歩んでいく「安定」をイメージした結婚が想像できます。

業界の策略かも分かりませんが、「安定」を求めた結婚は、相手のビジュアルや収入を求めた結婚に比べれば本当に地に足のついた素敵な結婚ではないでしょうか。。最近こんなものを見つけました。結婚適齢期鑑定

結婚適齢期ってなんだって思いますが、これで遊んでみるのも楽しいかもしれません。

Pocket