結婚祝いプレゼント|平安時代の結婚スタイル

平安時代ってなじみが薄いですから、話の流れが分かりにくいですが、面白い時代だったと思います。鎌倉時代になれば、少しはなじみが出てくるんですけど

そん中、少し

平安時代の結婚スタイルについて調べてみました。

あの時代の結婚ってどのようなものだったのでしょか?平安時代の中期以降、武士の間では、女性が男性の家に入る「嫁入り婚」が行われるようになりました。現代のスタイルです。婿養子などもありますが、概ねは女性が男性の家に入るって感じで、男性の姓を名乗ります。

武士は自分の土地を守るため、家を離れるわけにはいきません。力のある武士は遠方の姫との縁組も多くあったため、このような形になったと言われています。家を守るって考え方は今でも続いていますよね。

一方、公家の間では伝統的な通い婚が継承されていました。通い婚とは、嫁入り婚の逆で、婿入り婚のことです。男性が女性方に同居したり、女性の元に通うというスタイルです。現代では少し形を変えて、週末婚なんて言われたりもしています。

結婚後に双方の同意に基づきそれぞれ別の住まいにて居住し、必要時において何れかの居宅に通い合うスタイルです。

話は戻りますが、武士は嫁入り婚。公家は婿入り婚ですから、相反する考え方でしたでした。そのため、公家と武士の間の結婚では問題が生じましたが、武士が力をつけ、その勢力が台頭するようになると、嫁入り婚が結婚の形態として定着してたようです。

Pocket