結婚祝いプレゼント|花には水を夫婦には愛を

近年、

初婚の平均年齢が上がってきています。お見合い結婚の減少が理由とも言われています。

現代の男女の出会いは多様化しており、お見合い結婚にたよる必要がなくなったのかも知れませんが、結婚できない男女が増えているのは皮肉なものです。

また、近年では離婚件数も増えています。お見合い結婚が多かった時期では、離婚というのはよほどの理由がないと許されないことでした。離婚して実家に帰った女性は、戸外へ出ることもままならなかったそうです。

ですから、結婚したら色々な努力をし配偶者と上手くいくように頑張ったようです。戦後、日本での離婚率は長期にわたって低く推移していました。

しかし、先ほどもふれましたが、近年は急激に上昇してきています。理由としては、「性格が合わない」だそうです。最近は恋愛結婚が9割以上ですので、結婚する前の付き合いで、相手の性格もわかるはずだと思うのですが。

ちなみに、結婚する最大の理由は、「好きな人と一緒に生活がしたい」ということなんだそうでうす。相手の性格も踏まえて、一緒にいたいという理由から結婚しているはずなのですが、皮肉にもそれが離婚理由にもなっているんです。

人間の心とは不思議なものです!結婚してから相手の性格が豹変する、または、暮らしてみて初めてわかる性格がある、という風に考えたほうが良いのでしょうか。

それだけとも言えないでしょうが、結婚当初にお互いを思いやっていた気持ちが多少薄れてきて、相手の性格の嫌な部分が際立って見えてきたのかもしれません。

「花には水を夫婦には愛を」なんて言葉がありますが、相手を思いやる気持ちは大切なことだと思います。

別な話をしますと、何もしないと会社は倒産します。以前は、会社は永遠に存在するんなんて思っている人が多かったです。会社は存続するために企業努力をするんです。

夫婦も同じだと思います。何もしなければ離婚になります。それでよければ良いのですが、出会った縁を大切に夫婦を存続させたいのであれば、夫婦努力とでもいいましょうか。そういった努力が必要だってことです!

Pocket