結婚祝いプレゼント|御祝いは常識やマナーが問われます

私は今までに友人何人かに結婚祝いを贈る機会があったのですが、

いずれの時も、事前に希望を聞き、御祝いとして贈らせて頂くという形式でお贈りしてきました。

正直、きちんとしたルール定義とかがあるのかないのか、わかりかねるのですが、親しい友人間という事もあり、お互い気心しれている部分もありましたので、そういう形を取る事が出来たのかもしれません。

結婚祝いとなりますと、結婚する方と自身の関係性なども考慮し、選ばなくてはならないので、とても慎重になりますし、緊張もします。

私は仕事柄といいますか、環境的に目上の方、上司などにあたる方に贈るような機会がまだありませんでしたので、プレゼント選びに困った事はありません。

しかし、やはり贈答用、かつ結婚のお祝いとなると新居での生活に役立つものを贈るというのが、私含め周りを見ていても多いような気がします。

私が今まで友人たちに贈ってきた結婚のお祝いもそうゆう部類のものが多かったです。中でも食器、鍋などは特に重宝され、喜んで貰えました。

新生活をおくるにあたり、何かと入用かと思いますし、大体が奥さんの希望の物になる事が多いですが、こうしたキッチン用品、インテリア用品などは凄く喜んでもらえました。

これから年齢を重ねるに当たり、目上の方やより年功を重んじ、形式にのっとったような場面も出てくるかと思います。

結婚祝いなど、御祝いのつくものはその人の常識やマナーの認識度が現れる部分でもありますので、

もっとこれからも勉強して、今後もどんな場面でもきちんと対応していけるようにならなくてはと思います。

Pocket