結婚祝いプレゼント|お祝いをしてくれた方の事を思い出す

自分が結婚して地元からかなり離れた土地に引っ越したので、

地元の友人知人が結婚する際にはどうしても帰省して結婚式に参列することがかなわないため、その代わりに結婚祝いをお贈りする機会が最近は多くなりました。

本当は、お式に参列するのが一番丁寧だと分かってはいるのですが、やはり遠方に住んでいること、その他にも家庭の事情や、仕事の都合もあり、なかなか全てのお呼ばれに参列することはできないものです。

でも、だからこそ結婚祝いにお贈りする品にはこだわりをもって、相手に喜んでもらえる物を選ぶように気を遣っています。

何を貰えば嬉しいのかは、人によってそれぞれでしょうから、毎回お祝いの品を選ぶときは本当に気を遣います。今までに贈ってきた品は、イニシャル入りのペアハンカチや、シャンパンとグラスのセット、ブランド物のキッチン用品など、新郎新婦の好みをあらかじめよく調べて、その好みに沿ったものにしてきました。

自分が頂いて嬉しかったプレゼントも、やはり自分のことをよく考えてくれたんだなと分かるお品は、頂いて特別に嬉しかったです。結婚祝いには現金が一番良い!という意見の方もいるでしょうが、私自身がお祝いで現金を頂戴した時は、内祝いを何にしたらいいのかとても困りましたし、正直にいうと現金を頂いたときはありがたいなと思うのですが、その後はお祝いを頂いたことを忘れてしまいがちだったのです。

だから、
自分が贈る側のときは、お祝いの品のみか、お祝い金に加えてお祝いの品を贈ることに決めています。

残念なことですが、やっぱり形に残らないと、人間は忘れてしまうものです。お祝いの品は、結婚式が終わってからも、その品を見るたびに贈ってくれた方のことを思い出せるし、お祝いしてくれたその方の気持ちも思い出せるのが嬉しいですね。

Pocket