結婚祝いプレゼント|サプライズで友人へ本当のお祝い

先月、親友の結婚式がありました。

どうしても仲間内でサプライズパーティーがしたくて。。

新郎新婦とどちらも共通のスポーツサークルのみんなで、彼らをお祝いすることにしました。披露宴の後だと他にもいろいろな方が参加するので、6次会の名づけてその翌々日に行いました。

まずは、二人と待ち合わせをして、そこから目隠しをして車で会場まで移動しました。その会場というのは、まさしく二人が出会った場所なのです。二人の出会いはこのサークルの飲み会から始まったのです。

実は、あらかじめ、二人が出会ってからこれ までの活動の写真、みんなからのお祝いのメッセージ、サークルとは関係なくても二人と親しい友人、知り合いからあらかじめ撮っておいたメッセージを含めた ビデオを作成しておきました。

結婚式で、当事者の両親にも事情を話したところ、こころよく、ビデオに参加してくれました。まずは、ありきたりな乾杯音頭から始まり、なにげないそぶりで普通に飲んでるふりをしてました。

当事者二人もある程度お酒がまわり、私たちが何か用意しているという期待もなくなったころに、いよいよ始まりです。

まずは、あらかじめお店にたのんでおいた、ビデオの放映です。突然、音楽が流れ出し(それも、みんなで合唱した、安室奈美恵の can you celebrate)、今までの想い出の場所、出来事などの写真や動画をうまい具合にまとめたものをながしました。みんなからの一言のお祝いメッセージへと移り、最後は二人のご両親の言葉でしめくくるものにしました。

二人とも号泣です。特に、最後の両親の言葉でもう完敗という状態で泣きました。企画した私たちも大満足の結果に終わりました。

結婚祝いってこういうことなのかなって感じました。

サプライズにもなったし、本当の意味での最高の結婚祝いが出来たと思います。。

Pocket