結婚祝いプレゼント|お祝いの気持ちが何よりも大切

知人友人の結婚の知らせを聞くと嬉しいのと同時に結婚祝いをどうしようか、誰もが悩むところです。

親しい仲の気心の知れた友人なら、直接必要な物、欲しい物を聞いてみるのも一つの方法です。その場合は、相手が困らないように幾つか具体的な候補を挙げてみると良いでしょう。

全く違う物を2,3種類並べるか、同じ物で違うブランドの物などを2,3種類挙げるかすると、大体の予算を暗示する事ができます。

強制せずに、「こんな物を考えたんだけど、どれがいいかしら、それとも何か他に必要な物があるかしら。」とあくまで相手に選択させてあげると喜ばれるはずです。

思ってもなかったような物がリクエストされても、考えていた予算のラインでリクエストされた物をあげるのが無難です。

こちらが良かれと思っても、親切の押し付けはかえって迷惑になる場合もあるので注意が必要です。

特に、結婚祝いの場合、新たな生活を始める二人は、好みでない物や、必要でもない余分な物が新居にあるのは嬉しくないはずです。相手の意志を尊重してあげるのが一番のお祝いになるはずです。

もし、そこまで親しくない間柄ならば、直接聞くと逆に相手の負担になってしまう事も考えられます。この場合は、こちらで選んであげた方が喜ばれるかも知れません。

あまり相手の好みや新しい生活を知らないならば、高級なタオルセットのような消耗品が喜ばれます。好みでなかったとしてもお客さん用にもできますし、しばらく使えば新しいものに変えられます。

長く残るような食器、装飾品などは好みでなかった場合のことを考えてできるだけ避けた方が良いです。

何を贈るにしても、お祝いの気持ちが何よりも大切、心のこもった手紙を添えるのを忘れずに。

Pocket