結婚祝いプレゼント|タブーでも素敵なものはプレゼント

友人や家族などが結婚する際には、ぜひとも相手が喜ぶような結婚祝いを贈りたいものですね。

相手の好みを考えたり、使いそうなもの、記念になりそうなものをいろいろ探して決めると思います。

しかし、年代や地方によっては、結婚祝いの品物にタブーと言われるものがあるのです。

結婚祝いのタブーと言えば、代表的なものは「切る」という言葉から離婚を連想する、包丁やハサミなどです。

また、地方や年代によっても違いがあり、いわゆる割れ物は、避けた方が無難と言えば無難でしょう。

刃物はあえて贈らなくても良いかもしれませんが、割れ物のカテゴリーはかなり幅広く、ティーカップセットや花瓶なども含まれる事があります。

現代において、特に若い世代はそこまでこだわりがないと思われます。しかし結婚する際に、そういうお祝いの品は、新郎新婦双方の両親や親せきも見る事があるでしょう。

その時に、非常識と言われないように、結婚式のタブーと言われる品は、あえて贈らなくても良いと言えます。

また、親しい間柄でどうしてもティーカップセットを贈りたい、相手がそれを贈ってほしいなどと希望が出た場合は「割れ物は贈らないという事は分かっているんだけど、素敵だから贈らせてくださいね。」等と、一言添えてあげましょう。

親しい間柄なら、いっそほしい物を聞いてみるのも、合理的でおすすめです。もらった方は本当にほしい物なので、仮にタブーと言われるものであっても嬉しいでしょうし、きっとその品を使ってくれるでしょう。

タブーと言われる品を避けつつ、素敵な結婚祝いを選んでくださいね。

Pocket