結婚祝いプレゼント|お祝いを贈る時は台所用品

結婚祝いを贈る時、他人の贈り物とかぶらないようにすることが大切だと思います。

なぜなら自分が結婚した時に、ペアカップばかりたくさんもらって困った記憶があるからです。1つ1つは個性的で素敵な贈り物でしたが、普段使うのは1組で良いので、それ以外のたくさんは使う機会が見つけられずに困りました。数年たっても箱のまま使わずに残されていることが逆に悲しく、来客用にいくつか残し、後はごめんなさいと謝りながらバザーに出しました。

自分が結婚するまでは気楽に選んでいたのですが、結婚してお祝いをもらう立場を経たことで、お祝いを贈る難しさを知ったということになります。

逆に自分がもらった中で良かったお祝いは、台所で使う品々でした。ちょっとおしゃれなエプロンなどは、絶対に使うものだから助かるし、かわいいデザインで気分がもりあがりました。包丁をもらった時は、結婚するときに自分たちで用意したものが安いものだったので、助かりました。お洒落なココット皿も、自分ではなかなか買わないもので印象的でした。

こんな風に、私自身が、台所で使う品をもらったときに、人とかぶらず自分も助かったことが多かったので、それ以来お祝いを贈る時は、台所用品を選ぼうとしています。

私が悩みながら贈った結婚祝いの中で、とても喜ばれたものがあります。

ちょうど鍋の季節だったので、高級おろしがねと、すりおろしたしょうがをそのまま使えるすりおろし機能付きのお皿です。

Pocket