結婚祝いプレゼント|私のことを考えて選んでくれた

私は4年前に結婚したのですが、色々な人からお祝いをもらいました。

結婚式をして親戚や友人たちを招待したので、多くの人からはご祝儀としてお金をもらいました。結婚式で多額のお金を支払った後だったので、ご祝儀は生活費にありがたく使わせてもらいました。

しかしたくさんの人からもらったお金をまとめたので、誰にもらったお金でこれを買ったという認識はできませんでした。

結婚式とは別にカップ、時計を、プリザーブドフラワーなどをくれる人がいましたが、そういったお祝いは形として残るのでくれた人の顔が浮かんで嬉しかったです。

私のことを考えて選んでくれたことが嬉しかったですし、物は何でも嬉しかったです。事前に何が良いかを聞いてくれる人がいて、その心遣いも嬉しかったです。

その経験から結婚式をする友達にも、何か形に残るお祝いを渡すようになりました。

自分が結婚して4年も経ち、結婚は良いことばかりではないというのが痛い程わかるようになりましたが、それでも新たに結婚するという人の話を聞くと、とても嬉しく思います。

そのお祝いの気持ちが届けば良いなと思います。結婚祝いとしてがっかりしたのは、結婚式に招待した際のご祝儀が2万円という人がいたことです。

お金の額ではないのですが、その人は普段から派手に生活をしているので、なぜきちんと3万円という形でもらえなかったのかなと思いました。

1万円がもったいないと思われたようで悲しかったです。お祝いにも最低限のマナーはあると思っているので、相手が嫌な気持ちにならないように気をつけていきたいと思いました。

Pocket