結婚祝いプレゼント|パーティー会場への電報とご祝儀

結婚祝いを贈るのはどのタイミングでしょうか?そしてどんなときでしょうか?

一般的に日本の結婚式ではご祝儀を持っていくケースが多いのでこれがお祝いにあたるように思います。

最近では会費制の1.5次会や結婚式をしないカップルも多々あり、お祝いのやり方もさまざまではないかと思います。

最近身近で話題になったのは、結婚式に招待されたが欠席した場合のお祝いはどうするのかです。品物を贈るのか、現金を贈るのか、手渡しするのか、贈るとすればいつ贈るのが良いのかなどなど、友人同士で話題になりました。

友人同士で年齢もほとんど同じです。既婚者の友人が増え、仕事が忙しくなり、子どもを持つ母が増える年齢になり、結婚式に出席できない友人同士で話題になりました。

また遠方の2次会のみに呼ばれた場合のお祝いも話題になりました。個人的にはご招待いただいたにもかかわらず、欠席する場合は披露宴だろうと2次会だろうと、パーティー会場への電報とご祝儀を贈るようにしています。



先日友人とそんな話題になったところ、一緒に電報を贈り欠席したものの、友人は特にお祝いは贈っていなかったようで驚かれました。

もちろん個人の気持ちで贈るお祝いですが、欠席しても贈れるものなら贈ったほうがよいのではないかと思います。

できれば手渡しで渡せるのがベストですが、なかなか会えないのなら宅配でもよいのではないでしょうか。

物を贈る場合もあるかと思いますが、相手のほしいものや趣味がわからない場合はご祝儀という形がよいかなと思っています。

Pocket