結婚祝いプレゼント|お祝いは気持ちをお渡しするもの

最近、結婚をしお祝いを戴くことがありました。

お金でくださる方もいらっしゃいましたし、それにつけて食器を贈ってくださる方もいました。友人の中には、好きな食品をカタログから選んで注文するモノを贈ってくれた人もいました。

金額もいろいろでした。私たちは、公な結婚式をしなかったので、式をする場合の半額を戴いた事になります。

金額は2万~5万でした。オタメとお祝いの金額の半額を内祝いとしてお返ししました。遠方の方には、お手紙をつけてお返ししました。

友人には食器やアロマポットなどの品を内祝いとして返しました。食器は、ウェッジウッドのマグカップを贈りました。

内祝いをお返ししてから、みなさんから届いたよと連絡があり、無事に結婚祝いに掛かることが済んでホッとしました。

残りは、両親と自分たちだけの結婚式で遣う予定でいます。友人や親戚を呼んでする式となると、お祝いから招待客のお料理、ドリンク、宿泊、交通費、引き出物をお返しすることになります。

遠方の方がいらした時のお車代がなかなか難しいなと今まで思っていましたが、ご祝儀に応じてお返しをすれば良かったのかなと今なら思います。

友人の結婚式に参加した時は周りの友人と金額を合わせていきました。その時は5万程包みました。ご親戚と昔からのご友人などが招待されていました。

お祝いなので気持ちをお渡しするものですが、その家あの家でお祝いの金額は違ってくるので、周りと相談してされるのが一番いいと思います。あまりに少ないと時には失礼になることもありますし、今回はいい経験ができて良かったと思いました。

Pocket