結婚祝いプレゼント|門出にふさわしいプレゼント

これまで、

結婚祝いをいたるところに出してきましたが、できれば、他の方からはもらっていないようなものをしてさしあげたい、お二人の門出にふさわしい物を、

といつも考えます。

しかし、手作りなら良いかといえば、そうでもなく、ちゃんとお店で購入して、2人でつかっていただけるものもお祝い品のリストであげておきます。

もちろん、夫婦茶碗などは、どうせなくても、本人たちが好きな物をお求めになると思うので、この手のものにする時は、私が陶磁器で有名な所に直接行って、良い物をさがしてきたよ、とメッセージを添えて、結婚祝いの品にします。

友人でしたら、たいてい、お祝いの包みと、自分が選んだものを必ず贈ることにしています。

そして、いとこなど、身内になると、大抵、お祝いの包みと、一筆、色紙の包みを用意します。

色紙には、2人がこれからどのように歩んでほしい、壁にぶつかっても、力をあわせて乗り越えて行ってほしいと言う言葉を書きます。

これは今までに最も喜んでもらった結婚のお祝いです。

最近は、ごく近い、2人の事を良く知った方からのサプライズとして、絵本なども贈られるようで、なにか残るもの、ある時はそれをみて、結婚当時を振り返ってみることができるものは、一生の宝かもしれません。

お花など、最近は永遠性をもたせたプリザーブドフラワーなどがあり、駆けつけることができない結婚式には、お祝いの電報をうつことがあります。この時、重宝するものが、昔ながらの漆や刺繍より、もっと華やかな花の電報です。

Pocket