結婚祝いプレゼント|縁起を担ぐ人が少なくありません

結婚祝いのご祝儀に使うのし袋は、必ず結び切りの水引にします。蝶結びの水引は使いません。

のし袋の表書きは濃い墨で黒々と書き、中袋には、先方が礼状を出すときに困らないように正しく住所、氏名を記入します。

お札は、表側を上にして中袋に入れます。上包の折り返しが裏で重なる場合には、下からの折り返しを上にするのが慶事のマナーです。

のし袋の立派さと中身のバランスも大切です。立派なのし袋に少額ではちょっと不自然に感じます。

最近は100円ショップで立派に見えるのし袋が手に入りますが、依然は文房具店とか結納店で買いました。

500円程度ののし袋なら3~5万円、300円程度なら2~3万円、200円程度なら1~2万円が目安です。中袋に入れる金額も地域や送り先によって種々多様です。

兄弟姉妹10万円、甥や姪10万円、いとこ5万円、その他の親戚3万円、職場の部下・同僚・上司3万円、教え子・友人・その他3万円、取引先5万円が平均的な相場でしょう。

お祝金には2万、4万など偶数金額は避けるべきです。割れるとの意味があります。結婚祝いは挙式の1か月前から1週間前くらいに贈ります。

お日柄の良い午前中に持参するのがマナーです。先方のご都合の良い時刻を聞いて伺うのが良いでしょう。

結婚のお祝いを品で贈るときは、2人に毎日使ってもらうような食器・家庭用品・インテリア用品などが良いでしょう。

また若い二人だけならいいのですが、ご両親や親戚の方の中には縁起を担ぐ人が少なくありませんから無用の波風を避けるようにしましょう。

Pocket