結婚祝いプレゼント|喜ぶ顔を想像してお祝いを考える

32歳の女性です。友人の結婚式にはもう10回近く参列してきました。

また、お呼ばれがなくても職場でまとめてお祝いを渡したりなど、

結婚祝いはいろいろな品物をあげたり、また自分の結婚の際にはいただいたりしたものです。

頂いたものでいちばん記憶に残っているのは、私たち二人の名前を彫刻したフォトフレームと、その中に入れてあった私と夫の写真です。

私たちの写真は結婚式で撮ったもので、そのフォトフレームをお祝いにいただいたのは結婚式の後の二次会だったので、どれだけ急いでくれんただと思うと、品物本体よりその気持ちが嬉しかったです。

もう3年前になりますが、そのフォトフレームはずっと玄関に飾ってあります。お客様が来られるたびに、素敵ですねって言葉を掛けてくれます。感動をいつまでも忘れない、大満足のインテリアになています。

私は出産し、その花嫁姿とはだいぶ変わってきてしまったのは悲しいですが。一方、お祝いを選ぶのはとても楽しいです。

おしゃれな食器だったり、猫好きな人には猫の模様が入ったお鍋だったり、その人のことを考えて、喜ぶ顔を想像して…と、こんなに楽しい作業が世の中にあるのかなと思うくらいです。

その中で、一番喜んでもらえたかなと思っているのは、ディズニーシーに泊まるバケーションパッケージです。

ペアのパスポートにはメッセージを入れることができたので、二人の名前とHappy Weddingと印字してもらいました。

ディズニーシーの中にあるホテルの宿泊券と、ショーを指定席で見られる券、ショーの後にミッキーたちがあいさつに来てくれる、というような特典がたくさんついた内容でした。

ディズニーシーが大好きな新郎も、新婦も、ミッキーが結婚おめでとうと言ってくれたと、とても感動してくれました。

Pocket