結婚祝いプレゼント|やはりご祝儀ではないでしょうか

結婚祝いといわれて、はじめに思いつくのは、やはりご祝儀ではないでしょうか?

品物だと他の方とかぶってしまっていたり、相手の趣味ではなかったらどうしよう、などと頭を悩ませてしまうのがほとんどだと思います。

その点、ご祝儀というのは、いくら包むべきかを考えるだけなので、楽といえば楽だと思います。ただ、結婚式に呼ばれてないから、披露宴には参加しないから、みんなが出すからといった理由で、渋々お祝いを渡すと後々トラブルになることは必至です。

特に現金であるご祝儀の場合は、相手のことをどう思っているのかが如実に表れます。最近では、インターネットという便利なものがあるので、「ご祝儀 相場」と検索すると、同じような金額でヒットします。

兄弟では10万円。友人であれば3万円。しかし、そんなに出せない。出したくない。という方が多いのも事実です。その時がお祝いをしてあげる相手に対しての本当の気持ちが現れた瞬間です。

自分がその人のことをどれだけ大切に思っていたか?が大切であり、相場だとか周りの目とかを気にする必要はないと思います。特に若い年齢でのお祝い。友人としての3万円は痛手でしょう?そのためなのか、近年では学生や20歳代前半ならば2万円でも良い。とされているようです。

でも、それはどうなのかな?と思います。自分は20歳代前半の時に結婚したので2万円しか貰っていないのに、その友人が30歳代になって結婚したから3万円包むのは納得いかない。という声をよく聞きます。

それが元でトラブルになることもあるでしょう?そうならないためにも、結婚のお祝いを渡すときはその人からのお返しの期待をしなくてもよい物を贈ってあげるのがベストだと思います。

安い物を贈ると、受け取った人が陰口を叩くかも・・・と不安になる人もいると思いますが、本当に祝ってもらえたと感じたら陰口を叩く人はいないはずです。

結婚祝いとは、それだけ人間関係が如実に現れる風習です。

Pocket