結婚祝いプレゼント|御祝は現金か商品券が一番です

結婚祝いは現金か商品券が一番です。

趣味に合わない絵や花瓶などをもらっても、困るだけです。かといって捨てるわけにはいかず、押入れの奥にしまったままになるのが落ちです。

一つだけならまだいいのですが、趣味に合わない工芸品をいくつももらうのは、本当に贈るほうも、贈られるほうどちらにとっても不幸です。

ですから現金か商品券にかぎるのです。もしどうしても物を贈る場合は、事前に何が欲しいか聞いて、物もデザインも選んでもらってこちらで買うことにしましょう。

ヨーロッパとくにフランスでは、結婚祝いの品物を家具・食器等を扱う店で事前に選んでおいて、お祝いをする人はその店で新婚夫婦が選んだ品物の中から自分がプレゼントしたいもののお金を支払うという昔からの習慣があります。

このシステムがあるので、新婚夫婦は自分達が欲しい新婚生活用品を、無駄なく手に入れることができるのです。

贈答文化に歴史のある、ヨーロッパならではの無駄のない合理的な習慣です。日本ではこのシステムが一般的になることはないでしょう。

ですから結婚のお祝いは現金か商品券がいいのです。もちろん特殊な能力のある人は新婚夫婦のためだけのオリジナルのお祝いをすることもできます。

芸術家なら芸術作品をプレゼントするのも一つのアイデアです。音楽家なら、結婚式の披露宴で音楽仲間と小さな演奏会をプレゼントするのも喜ばれるでしょう。ただし普通の人は現金か商品券が一番です。

Pocket