結婚祝いプレゼント|お祝いの内祝いを忘れないように

結婚をすると、思いのほかたくさんの方から結婚祝いをいただけるものです。

親族や友人などは、個人からが多いので覚えていやすいのですが、職場の方になると、グループでくださったりすることも多く、どなたから何をいただいたかわからなくなってしまうこともあります。

せっかく気持ちのこもった結婚のお祝いをいただいたのに、内祝いを忘れることだけは避けたいものです。

また、次お会いした時にお礼を直接申し上げたいもの。そのときに、何をいただいたかを忘れた、などということはあってはなりません。

そんなことを避けるためにおすすめしたいのは、結婚祝い帳を作ること。いただいたお祝いはすべてこのノートに記帳するようにしましょう。

書くのはいただいた日、いただいた方、いただいた物、お返しした品、お返しをした日です。いただいた日を書いておけば、内祝いが遅くなることを防げます。

内祝いはお祝いをいただいて1カ月以内にお送りするのがマナー。遅れないように気をつけましょう。

また、いただいた物は、できるだけすぐお値段を調べて、それも記帳しておきましょう。内祝いの品を探す際の額の基準になります。お返しの品は、頂いたお祝いの品の3分の1から半額くらいの額が相場です。

しっかり管理をしていても、結婚後は引越しやあいさつなどが忙しく、思いもよらぬところで不手際があったりするものです。

結婚祝い帳は結婚後1年間は定期的に見直すようにしましょう。何か忘れていることがあるかもしれません。

Pocket