結婚祝いプレゼント|贈る相手によって選らんで贈る

結婚祝いって困ります。相手がどれくらい親しい仲なのか、もしくはどれくらいなら受け取ってくれるのかなどすごく困ってしまいます。

私の友人が結婚したときは、結婚式はあげないっということで結婚の報告だけでした。

しかし昔から親しい友達でしたし、なにかお祝いをあげたいっと思い、旦那さんと友人とのペアのパジャマを結婚のお祝いにプレゼントしました。

パジャマでしたら少しいいものでも二人分で1万円ほどで買えます。またいくつあっても邪魔にならないものですし、だれでも使うものなので、喜ばれると思ったからです。

友人は大変喜んでくれ、私も大満足でした。やはり式をあげない場合は物のお祝いのほうが喜ばれる傾向があるように思います。

私の兄の結婚のときは、式は結婚してから考えるということでしたので、兄にお祝いは何がいいっときくと、新居に置く本棚がほしいっといわれました。

兄には一生残るようなお祝いを贈りたいっと思ったので、大変こだわった職人さんが作った本棚を贈りました。

確かに数万円の出費になりましたが、今後一生付き合っていくであろう義姉との関係などもありますし、兄もすごく喜んでくれたのでこれくらいの出費で済むのなら安いものだと思います。

やはり親族のお祝いはしっかりと希望のもので金額を使うべきです。一生残るようなものを贈ってあげると記念にもなりますし、親戚付き合いも円滑になります。


このように結婚祝いを贈る相手によって負担にならないようなものにするか、一生物にするかなどを選らんで贈ることをおすすめします。

Pocket