結婚祝いプレゼント|ウィッシュリストで変わるお祝い

一口に結婚祝いといっても、物品だったり、金銭だったりといろいろです。

ひとりで贈るのか、数人で贈るのかでも違いますし、物品でも購入したものか手作りの物かなど、ほんとうに種々様々な贈り物があります。

結婚のお祝いを考えるときに一番に考慮することは、贈る相手との関係ではないでしょうか。親戚、友人、知人、勤務先の関係者など、その人との間柄、付き合いの度合い、距離感などで、おのずと贈るものは決まってくると思います。

結婚式、披露宴に呼ばれているのか、二次会のみの参加なのか、どれにも参加しないのかでも贈り物の形は変わってきます。

披露宴に呼ばれているのであれば、それ相応の金額をお包みする、場合によってはそれになにがしかの物品を別に贈るなど、それなりの配慮も必要かと思います。

ただ、贈り物というのは本当に相手が必要なものかどうかの判断に困ることがありますし、同じようなものばかりもらっても困るだろうなと考えると、なかなか難しいものがあるかもしれません。

海外では、結婚するふたりが欲しいものをリストにしておく「ウィッシュリスト」というのがありますが、そのリストを見て予算にあったものを贈るというのはとてもすてきなシステムだと思います。

これだと、受け取るがわも希望のものをいただけますし、贈る側も果たして気に入ってもらえるだろうか、同じ物ばかりにならないだろうかと悩むこともありません。

欲しい物をリストにしておくというのは、奥ゆかしいことを美学としがちな日本ではなかなか受け入れられないかも知れませんが、その実とても合理的なシステムだと思います。

結婚式の形が変わっていくように、結婚祝いの形も変わっていっていいのではないでしょうか。

Pocket