結婚祝い・結婚記念日プレゼント
実用的でちょっと良い物を贈りたい

友人の結婚祝いの品、どうせなら、実用的でちょっと良い物を贈りたい

と欲張ったのがそもそも間違いでした。予算と「消え物」にしよう、というくらいで他の条件はほとんど考えずに買い物に出かけました。

消え物にこだわったのは、友人の旦那さんと面識がなかったからです。新生活に合わないものを持ち込まない、というのはマナーなような気がしたのでその点だけ決めていました。

某百貨店を上から下まで、グルグルと延々周り続けた結果たどり着いたのはちょっと良いブランドとして知られた化粧品・ボディケア用品の店でした。

店員さんは、良い物ですから喜ばれますよ、と熱心に勧めてくれ、私も「そりゃこのブランドを贈って文句をいう人はいないわ!」なんて内心で思っていたのですが、やはりブランドものは値が張ります。

あまり高額なものを贈って相手に気を使わせてもいけないな、と思ったというのはカッコつけすぎですね。実際のところは「高い!けどもう疲れた。」という気持ちから予算に収まる小さめの品物にしました。

それはそれで、贈った後に考えれば考えるほどショボく思えてきて自己嫌悪に陥ってしまいました。

気張りすぎて百貨店に行ったのがそもそもの間違いだったような気もするのですが、

初めての結婚祝い選びということもあり、良い物を贈りたい、喜んでほしい

という気持ちばかり焦って思考停止状態だったかな、と思います。

どうしても良い物を選びたいなら何人かで組めばよかったなんて単純なことに気づいた頃には後の祭りでした。

Pocket