結婚祝いプレゼント|サプライズじゃなくても

先日、大学の友達が入籍しました。

2人は大学時代から交際していたので、どちらのことも良く知っていますし、偶然にも私と職場も同じで、友達の中で2人の近況を一番知っているのは私でした。

就職と同時に同棲を始めたことも知っていたので、余計なお世話かもしれませんがいつ結婚するんだろう?と思っていました。

入籍の報告を受けた時は何故かホッとしました(笑)式は身内のみで(しかもハワイで!)挙げるとのことで、参列できない私たち友人は共同出資で何か結婚祝いを贈ろうということになりました。

けれど既に同居しているので家電の類は全て揃っています。どうしようか、と色々案は出たんですが決まらず、思い切って本人達に欲しいものを単刀直入に聞きました!

そしたら「炊飯器が欲しい」とのこと。一人暮らしで使っていた3合炊きだと2人暮らしには間に合わない、しかも「蓋がぱちっと閉まらなくて重しで押さえてる」との衝撃的な事実が発覚!

慌てて5.5合炊きの炊飯器を探して、家電量販店からそのまま配達して貰いました。結婚祝いとしてはかなり実用的すぎる感じもしましたが「変なティーカップとかより全然嬉しいよ」と夫婦2人から感謝されました。

どうもサプライズで貰った結婚祝いはどれもお気に召さなかったようです。

ちょっと不躾かもしれませんが、何が欲しいか直接本人に聞くのが一番だな、と感じました。ちなみに最新式の炊飯器だけあって、ご飯の味が全然違うそうです。

Pocket