結婚祝いプレゼント|友達にサプライズで花を贈る

友達として結婚式には必ず4人呼んでいました。結婚式には4人が集まると言う形になります。それで結婚祝いには花瓶を贈ります。それとお花です。

新婚旅行に帰ってきたら家に花瓶とそれなりの季節の花を不動産屋さんを径由して家主の立会いの下においておくわけです。どう考えるかはその人その人によって捉え方が違いますが、お花が良いと思い4人とも4回贈ったわけです。

ある時は新婦のお父さんが食器棚をプレゼントとしておいて行かれました。色々なプレゼントがありますがわたし達は友達同士4人で順番に贈っていった訳です。

結婚祝いは、特別高級な物ではありませんが、大体奥さん用に花にはメッセージをつけて玄関に置かせてもらったのです。

この花と言うのがちょっと難しくてわかりにくく、花屋さんに聞いて決めるのですが花にも色んな意味合いがあるのか自分で決める事が出来ません。

それでほぼ花屋さん任せになるのですが、普段の自分ならとても選ばないような花になる時が殆どで、新婚旅行から帰ってきたらサプライズです。

それを見てもらいメッセージを読んでもらってそれで良しとして来ました。何時までも夫婦仲良くと言う意味です。4人とも離婚もせず仲良くしていますよ。


これは絶対に心に残ると思います。何の花か、メッセージはどうであったかは忘れたとしても、花がおいてあったと言う事だけは忘れませんから。


それで仲良く頑張って生きていますし、あの頃は若かったなあと思いもっと気の利いた贈り物にすればよいとも思いますが、若いわたし達では年配の人の様には考えられず4人の結束は強いと只それだけはわかります。

最近では、枯れないお花「プリザーブドフラワー」が人気のようですが、ショップによっては、様々なフラワーアレンジメントを提案してくれるようですので、考えみたいと思っています。

Pocket