結婚祝いプレゼント|心からのお祝いを用意して

この度付き合っていた男性とめでたく籍をいれ、結婚式をあげられました。

結婚式をあげるにあたって様々な方から結婚祝いをいただきました。

会ったこともないような遠縁の方からナルミやバカラのグラスをいただいたり、結婚式に招待していない、義理の兄、姉のご両親からご祝儀をいただいたり。

かとおもえば、招待していた親戚のご祝儀がものすごく少なかったり、人によってお祝いの形、度合いは全然違うのだと思いました。

もちろん、お祝いをねだったわけではありませんし、いただいたお祝いにたいしてはしっかりとお返しもいたします。

しかし、ふと思うのです。頼んでもいないのにお祝いを持って駆けつける親族。しかも義理の兄、義理の姉のご両親です。遠縁も遠縁ですよね。

そんな方々からお祝いをいただくと、そのご両親が義理の兄、姉に恥をかかせないように、そして私たち夫婦の門出を心から応援してくれているのだと本当に嬉しい気持ちになりました。

かたや、結婚式にお呼びした親族のご祝儀が少なかったことについては、何か失礼をしてしまったのだろうか、それとももともとあまりお祝いする気持ちではなかったのだろうかなどと考え込んでしまいます。

結婚式は人生の節目、今後一生付き合える人かどうかがはっきりわかるという話を聞いたことがあります。

ケチケチした話はしたくありませんが、結婚式のお祝いでどの程度私たちの事を思ってくださっているのか、わかってしまった気がします。

私たちはよそ様の結婚式にお呼ばれされるときは心からのお祝いを用意して行きたいと思います。

Pocket