結婚祝いプレゼント|粋なプレゼントって難しい

私は結婚したときにビックリしたことがいくつかありました。一番は結婚祝いです。

結婚のお祝いっていうと披露宴に呼ばれた人たちが渡すお祝い兼、参加料みたいな感じで捉えていたので、いざ結婚式を自分がするとなると、こんなにも世間知らずだったのかと身に染みて分かりました。皆さんも私のように恥をかかないように知っておいていただきたいと思います。

結婚祝いはにいくつかパターンがあって、お金を包んでくれる人。参加できないけどお祝いはしたいって言ってくれる人。

そしてお祝いに物を持ってきてくれる人。そうなのです。分かった人は分かると思いますが、困るのは結婚のお祝いのお返しです。

現金派の方には対処しやすいのですが、物をもらった場合、その物自体がいくらするのか値段を調べなければなりません。

今世の中に出回っている商品なら少しインターネットで調べるとおおよその定価が出てくるので全く気にならないのですが、アンティークな置物や昔欲しがっていただろうといって綺麗に磨きあげてから持ってきてくれる、当時は高価だったであろうレコードなどを戴いた場合、その人にとってはすごく思いのあるものだったりした場合です。

こういうときは本当に調べての現在の価格しかでてこないので判断をどうするべきか悩みます。お返しを返さない訳には行かないので困りますよね。

こういうときは私は現金派の人には色々選べるカタログギフトを贈るのですが、物を戴いた方には現物として物で返す事で難を逃れるようにしました。

例えば当時はすごく高かったレコードプレイヤーなんて時は、少し安くなった最新型の珈琲ポッド的な私生活で使えるような物を贈ります。

そうすると結構な確率でこんな高価なものをと喜んでくださることが多いです。

ですがやはり

自分が結婚祝いを渡す時には良いものがあったら物を渡したいって気持ちも分かるのですが、返す側の気持ちを考えて現金を渡すようにはしてます。

それを新生活に役立ててくれたらそれでいいと思いますし。相手を困らせない、でも粋なプレゼントって難しいですね。

Pocket