結婚祝いプレゼント|フォトフレームはずっと飾っています

3年前に結婚したとき、結婚祝いとしていただいて、一番うれしかったのはやはり夫婦で使えるようにペアになったお揃いの食器でした。

ペアになっている食器は使っていてすごく幸せな気持ちになるのです。

ウェッジウッドなどは高価なイメージがあるので、自分ではなかなか欲しくても買えなかったので、箱を開けたときはすごく感激したのを覚えています。マグやプレート関係はいくつあっても困らないので、自分でももし友達が結婚したときには、夫婦で使える食器を贈ろうと思っています。

あと、食器関係ではル・クルーゼのココットもうれしかったです。調理器具としても使えて、見た目にもかわいかったので今もずっと大事に使っています。

意外と使えなかったのは親戚からもらった質より量といった感じの和食器の詰め合わせや、伝統的な和風の花瓶でした。2人暮らしなので、たくさん食器があると収納に困るし、マンションなので和室がないために和の花瓶もなかなか使えませんでした。

定番の品を贈るというよりも、結婚する相手の年齢や好みを見て贈るというのも大事なのかなと思っています。

あと、フォトフレームなども頂いてうれしかったプレゼントでした。結婚すると結婚式の写真や2人の思い出の写真などが増えるので、やっぱり飾りたくなるのです。でも、フォトフレームってなかなか自分で買わないので、いただけてとてもありがたく、

3年たった今でも、ずっと我が家のリビングに結婚祝いでいただいたフォトフレームは飾られています。

Pocket