結婚祝いプレゼント|お祝い事って良いですよね

同年代の先頭を切って結婚した数人の友達のために結婚祝いを選んだ時、

経験がないのと、一緒に嬉しくなって興奮して、デパートをぐるぐる回ったりして、それはそれは時間をかけて選びました。

でも、時間をかけた割に、たどり着くのは、いつも定番の結婚祝いだったりしていました。

その後、数回の経験と、自分自身が結婚して結婚祝いをもらってみて、親しい友達だったら、何が欲しいか聞いてしまえという考えにたどり着きました。

親しいからと言って相手の趣味を正確に把握しているわけではなく、意外に使われずに押入れなどで保存され続けるというケースが多いことを分かったからです。

だから、ざっくばらんに、結婚祝いを贈りたいのだけれど、何が欲しい?、何をもらったら嬉しい?と聞いてしまいます。

そもそも結婚祝いの相場はだいたい決まっています。常識的なお友達ならその相場から少し少なめの金額のものを言うことでしょう。それに少し色をつけたものを贈れば、絶対に喜んでもらえます。

また、自分自身の結婚が終わる頃になると、部下や後輩への結婚祝いを選ぶ機会が増えました。

さすがに彼らに何が欲しい?とは聞けないので、こちらは迷うことなくお金を包みます。なぜなら、お金が一番喜ばれるからです。

その際、お祝いを選ぶのが面倒くさくてお金にしたと思われないために、必ず、結婚祝いに何かと思って探したのだけれど、若い人の趣味は難しくてという感じの言葉を添えます。

実際、結婚するとなると、結婚式に新居の準備など、お金が要ります。それがよく分かるから、そのたしにしてもらえたらと思うのです。

それにしても、

結婚祝いに限ったことではないのですが、お祝いという言葉がつくことって良いですよね。幸せのおすそ分けって、本当にあるのだと思います。

Pocket