結婚祝い・結婚記念日プレゼント
品物を贈る事をお薦めします

結婚祝い・・・相場が難しいですよね。

相場は上がる事はあっても下がる事はありません。数年前の自分の結婚式の時は○○万円いただいたと思っても、今の相場と違う場合が多々あります。

特に披露宴に出席する場合は、新郎新婦も食事代や引き出物等出費もあるので、少なすぎても申し訳ありません。

でも実際のところ、食事や引き出物にいくら掛かっているか、呼ばれる方はわかりませんよね。

披露宴会場が地元のホテルなら○○円だけど、今回は都内の一流ホテルだからもっと高くという考え方もありますが、同じグループの友達だったら、会場のランク付けなんて失礼です。

食事も和食よりもフランス料理の方が高いという傾向がありますが、これも食事が始まってからでないとわかりません。

ましてや、ご祝儀は「縁起の良い奇数」という事で3万円か5万円。多いからと言って返ってくるものでも無いし、少ないと恥をかきます。

こんな心配がある方は、当日のお祝いの他に、結婚祝いの品物を贈る事をお薦めします。

披露宴に出席してお祝いを包むのだからお祝いはいらない・・・と思っていても、後から「あのお料理だったらお祝いは少なかったのでは?」という心配もなくなります。

では、どんなギフトが良いのでしょう。

金額の調整ですから、今人気の「カタログ」は便利ですが、カタログの内容で大体の金額がわかってしまいます。

ギフトの金額がわかりづらいのは「食器」ですね。壊れやすい食器はタブーと言われる時もありますが、相手が気にしないタイプであれば大丈夫です。

洋食器も素敵ですが、和食器は値段がピンキリなので予算に合わせて選べるので良いですよ。そしてちょっとした物であれば、安価な品でもギフト用は桐の箱に入っている場合もあり、同じ品でも上等品に見えますね。

食器は重いものも多いですから、相手が車で移動している時以外は自宅に送ってあげた方が喜ばれると思います。

ご祝儀は披露宴当日に渡す場合がほとんどですが、ギフトは相手の事を考えて事前に渡すようにしましょう。

Pocket